245号表紙

No.245(平成5年3月)

特集:

夢体験 KOBE'93

夢体験 KOBE'93

「アーバンリゾートフェア神戸'93」いよいよ、はじまりです!

紹介します!4月から6月のイベント
「アーバンリゾートフェア神戸'93」がいよいよはじまりです。4月1日(木)。今年の桜の開花も、ちょうどそのころのようですね。
 このフェアは、簡単に言えば、神戸を丸ごと見て、楽しんで、意見を出し合う、かつてないスケールの大きい祭典です。みんなで力を合わせて、いつまでも住みつづけたいまち・神戸に。何度でも訪れてみたくなるまち・神戸にするために―。
 9月30日(木)までの会期の中から、ようこそ神戸へ〈4月〉、手づくり神戸〈5月〉、神戸でめぐりあい〈6月〉の主な催しを紹介してみましよう。

(写真左)風にはためくバナ一(フラワーロードで)。3月下旬、手づくりバナーに付け替えられ、フェアのムードを一気に盛り上げる
写真

グランドオープニング

グランドオープニング会場イメージ図(神戸ハーバーランド特設会場)

 21世紀に向けての新しい都市の夜明けを告げるため、4月1日午前0時、ハーバーランドの海に「文化の灯火」が点灯され、シンフォニーが流れるなか、交錯する光が夜空を彩る。そして、フェアのはじまりを告げる太陽が真夜中の神戸港に昇ってクライマックスを迎える。
 さらに会場では、セレモニーの余韻を引き継いでコンサ一卜や映画上映などのイベントが繰り広げられる。
 (会期)3月31日(水)22:00〜 ※来場の際は、公共交通機関の最終時刻にご注意下さい(会場)神戸ハーバーランド高浜岸壁南側特設会場他(テレビ生中継)サンテレビ22:00〜0:30/ABCテレビ23:30〜0:25(問合せ)神戸アーバンリゾートフェア事務局 078-322-5998

各区のオープニング

 4月1日は、各区でも個性的なオ一プニング行事がせいぞろいします。
(東灘区)夢体験プロローグ lO:OO(JR住吉駅北側)
(灘区)灘区オープニングイベント14:OO(灘区民ホール)
(中央区)アーバンリゾートフェア神戸'93・lN・中央区オープニングセレモニー 11:30(生田川公園)
(兵庫区)兵庫区愛の輪・ふれあいまつり10:OO(兵庫公会堂)
(北区)北区オープニング記念列車出発進行9:30 (神戸電鉄鈴蘭台駅)
(長田区)オープニング祈願祭 1O:00(長田神社)
(須磨区)オープニングイベント 10:30(JR須磨駅前)
(垂水区)アーバンリゾートフェア神戸'93 11:00 (JR・山陽電鉄垂水駅)
(西区)花と緑のフェスティバル 10:OO(西神中央広場プレンティ広場)
(問合せ)各区役所総務課

市内の随所で楽しく、にぎやかに
まちかどステージ

 フェア期間中、市民をはじめたくさんの観光客に、ステージを通じて街角での出会いと楽しさを味わってもらう。
 例えば、北野ではデキシーランドジャズやフルートの演奏、三宮の都心では、道行く人の目を楽しませてくれるピエロやジャグラー、それに愉快な演歌師、大道芸などが、街のにぎわいを一層華やいだものにしてくれる。
 また、毎月の第一週目の土・日は、当日の出演名たちがジャズやマーチングバンド、ちんどんなどを先頭に、三宮センター街・元町商店街をにぎやかにパレードする趣向もある。
 まちかどステージの出演者は、すでに演劇・演芸、大道芸、ストリートパフォーマンス、音楽などの各ジャンルで、123件・886人の応募があり、ストリートパフォ−マンスと大道芸については随時募集中。
(場所)北野異人館界隈・北野町公園・三宮都心界隈(フェアのインフォメーションセンター前場、、JR三ノ宮駅前噴水広場、さんちかインフォメーションスタジオ)・旧居留地界隈(東遊園地・花時計前広場・さくら銀行前広場)・神戸教会(中央区花隈町)・森のホール(布引ハーブ園)・元町・ハーバーランド・神戸駅周辺など・須磨パティオ・西神プレンティ・しあわせの村(問合せ)市民局市民生活課 078-322-5828

咲き競う3万株の蘭の花
国際オーキッドフェア神戸大賞'93(神戸蘭展'93)

 「アーバンリゾートフェア神戸'93」のオ一プニングイベント。約20か国から洋蘭・東洋蘭・日本の蘭約3万株が一堂に咲き競い、蘭の花を通じて人々が感動し、潤い、憩い、学ぶ場を提供する。テーマは「都市文化と自然との共生をめざして」。個別展示・ディスプレイ展示・フラワーデザイン展示・アート展示を行い、部門毎に審査の上、ディスプレイ展示部門から「神戸大賞」を選ぶ。
(会期)3月30日(火)〜4月5日(月)(会場)神戸国際展示場1・2号館(入場料)大人1,200円(前売り1,000円)小中学生600円(同500円)(問合せ)国際オ一キッドフェア神戸大賞'93組織委員会事務局 078-272-0160

  • 写真国際オ一キッドフェア神戸大賞'93ポスター
  • 写真旧居留地コンサート(さくら銀行前広場)。周辺にオフィスのある約80社で構成する旧居留地連絡協議会が主催。フェア期間中に6回回催される

果実や花とふれあう市民の広場
フルーツ・フラワーフェスティバルIN KOBE

 4月20日に開園を迎える「市立フルーツ・フラワーパーク」(北区大沢町)のPRを目的に、北神地域の農業の振興はもちろん、都市と農村の出会い、人々が果実や花とふれあう市民の広場として、多くの人に親しんでもらう。ドイツ民族舞踊団による踊り、コンサート、オリエンテーリングのほか、チューリップ、生け花、ポット果樹・観葉植物などの展示も行われる。
 (会期)4月20日(火)〜5月5日(祝)(入園料)大人500円、子供250円(問合せ)フルーツ・フラワーパーク 078-954-1000

さくらりるれろ生田川 第3回さくらまつり

 中央区のフェアオープニングイベント。今年も生田川沿いの桜並木「ぬのびき花街道」でにぎやかに催しを繰り広げる。
 4月1日(木)11:30 神若橋(ブリッジパーク)完成記念式典(神若橋・生田川公園) 2日(金)18:00 作家・山崎朋子さんの講演会「わたしの旅・アジアの声」(勤労会館) 4日(日)10:30 さくらの祭典(生田川ふれあい広場) 5日(月)10:00 写生大会(同) 天津市との友好都市提携20周年記念事業―大理石浮彫壁と中国風あずまや完成記念式典(同)。
(問合せ)中央区まちづくり推進課 078-242-0033

第6回あじさいまつり

 神戸市民の花・あじさいがもっとも美しく咲き誇る時期に、日本一の規模をもつ六甲山の森林植物園で開催。各種の催しをまじえながら、色とりどりのあじさいを多くの人に観賞してもらい、自然の美とのふれあいの場を提供する。主な催しは、20種類以上も咲く園内のあじさいを紹介する「あじさいガイド」・俳句の会・あじさい観察クイズ・あま茶の試飲会・小学生写生大会など。
(会期)6月13日(日)〜7月18日(日)(水曜日休園)(入園料)大人200円、子供100円(問合せ)市立森林植物園 078-591-0253

埋蔵文化財センター企画展 「地下に眠る神戸の歴史展」

垂水・日向遺跡での、日本最古の「縄文人の足跡」や高塚山古墳群の石室に描かれた「馬や魚の絵」の発見など全国的に見ても貴重な発見が、市内で相次いでいる。これらの新発見の資料約400点を展示する速報展
(会期)4月27日(火)〜6月6日(日)(問合せ)埋蔵文化財センター 078-992-0656

  • 写真ヨーロッパの宮殿を思わせるフルーツ・フラワーパーク
  • 写真生田川ふれあい広場での"さくらまつり"
  • 写真遺跡の出土品

六甲山グルーム祭

(1)A・H・グルームの胸像除幕式と記念ハイキング
 英国人グルーム氏は神戸の居留地で貿易商を営む傍ら、六甲山を「関西の軽井沢」にしたいと山上に初めて別荘を建てたり、日本初のゴルフ場の建設に力を尽し、「六甲山の開祖」といわれている。
(会期)4月29日(祝)(会場)六甲山記念碑台
(2)駕籠(かご)かきレース
 グルーム氏らが駕籠を使って登山をしていた当時をしのび、自主制作の駕籠によるタイムトライアルレースと、駕籠のデザインを競うイベント。
(会期)5月23日(日)11:00 (会場)六甲山カンツリーハウスとその周辺1.8km
(募集チーム)20チーム(1チーム8名)
(問合せ)経済局観光課 078-322-5339

朝鮮通信使の接待料理の再現と兵庫津の道

 朝鮮通信使は、江戸時代の260年間に、両国の親善関係を象徴するものとして12回来日している。総勢500人前後の大使節団で第一級の学者・文化人が加わり、各地で日本の学者らとの交歓が持たれた。兵庫津へは最後の1811年以外11回寄港しており、岡方文書には11回目の1764年の記録が残されている。この記録をもとに当時の接待料理を再現し、講演・試食を行うとともに、関係資料などの展示を行う。
(1)接待料理の再現試食と講演会 (会期)5月2日(日)(会場)兵庫勤労市民センター
(2)接待料理等の展示(会期)5月2日(日)〜14日(金)(会場)兵庫勤労市民センター
(問合せ)兵庫区役所まちづくり推進課 078-531-0033

灘五郷「酒蔵夢体験」神戸大田楽

 灘五郷「酒蔵夢体験」のコアイベントとして、灘五郷酒造組合が主催するフェア。田楽は、もとは田植のときの慰安のため社寺で催した芸能で、平安時代から室町時代にかけて爆発的なブームを呼び、能の確立とともに突然姿を消したのを、鬼才野村耕介が現代によみがえらせた。笛・太鼓とともに舞い踊る勇壮な群舞が見もの。関西初公演。
(会期)4月23日(金)18:30※雨天の場合は翌日の18:00に順延(会場)メリケンパーク(入場料)無料(間合せ)東灘区役所まちづくり推進課 078-811-0033

灘三郷「酒蔵夢体験」酒蔵ツアー

 灘三郷(魚崎郷、御影郷、西郷)の酒蔵をきき酒、クイズをしながら巡回するイベント。各拠点(菊正宗酒造記念館、R0KK023、甲南漬資料館、石屋川公園など)にアトラクション会場、屋台設置をするなど、日本酒の世界を楽しめる企画が盛りだくさん用意されている。同時開催予定イベント・甲南漬資料館「世界の料理と日本酒」
(会期)4月25日(日)(会場)灘三郷の酒蔵地域一帯(参加費)無料(問合せ)東灘区まちづくり推進課 078-811-0033

駒ヶ林左義長

 左義長は、千年の歴史をもつ別名「けんか祭り」と呼ばれる伝統行事だが、昭和34年を最後に途絶えていた。フェアのメインイベントの一つとしてこれを復活し、市民の郷土や伝統行事に対する意識を高めてもらうとともに、西神戸商店街でもゴールデンウィーク行事を開催、駒ヶ林地区発展の起爆剤的イベントとして展開する。
(会期)5月4日(火)(会場)南駒栄公園(問合せ)長田区役所まちづくり推進課 078-631-0033

  • 写真駒ケ林左義長祭のポスター
  • 写真灘三郷の酒蔵ツアー(白鶴酒造資料館で)
  • 写真大田楽の雄壮な群舞。大田楽は、現代の演劇芸能が失いがちな活力と人間性回復というテーマを、力強く表現した新しいジャンルの芸能といわれている

アラウンド神戸8つの体験
隣接市町体験交流ツア一
田植え体験や山菜ご飯の賞味

 神戸市には日常生活や経済的な面でつながりの深い、6市2町(芦屋市、西宮市、宝塚市、三田市、吉川町、三木市、稲美町、明石市)が隣接している。この隣接市町との交流行事の一環として、各市町の協力を得て神戸市民が個性あるまちづくりを進めている隣接市町をフェア期間中に訪れ、その素晴らしさを体験し再発見する「体験交流ツアー」が実施される。
 このツアーの特色は、(1)手づくりの体験が楽しめる(2)豊かな自然とのふれあいや、地元住民の温かいもてなしが楽しめる(3)地域の歴史と文化芸術を楽しめる―ことで、田植え体験やそぱ道場でのそば打ち、山菜ご飯・茶がゆの賞味・美術館や博物館の鑑賞など盛りだくさんの趣向がこらされている。
(募集人員)各回とも40名(親子の場合は20組)(参加費)材料費など実費程度(応募方法など問合せ)市交通観光 078-321-5001/神戸アーバンリゾートフェア事務局 078-322-5996

  • 写真

    三田市:
    「永沢(ようたく)寺そば打ち体験ツアー」

    (会期)4月25日(日)(一般募集)(行程)9:00三宮出発・午前 永沢寺「そば道場」・昼食 そば道場でつくった自家製のそば賞味・午後 永沢寺「芝桜花のじゅうたん」16:30三宮
    (写真:田園文化都市・三田市(千丈寺湖))
  • 写真

    宝塚市:
    「たからづか散歩一自然・鉄斎・オルガンに親しむ」

    (会期)5月8日(土)(親子募集)(行程)9:30三宮出発・午前 波豆地区(1)山菜取り(2)波豆八幡神社(3)干苅水源池・昼食 宝塚市自然休養村波豆管理施設で山菜ご飯賞味・午後 鉄斎美術館、ベガ・ホール(オルガンコンサート鑑賞)16:45三宮
    (写真:多くの人に愛されている宝塚歌劇)

  • 写真

    西宮市:「西宮グリーン&カルチャーツアー」

    (会期)5月7日(金)(一般募集)(行程)10:00三宮出発・午前 白鹿記念酒造博物館、鳴尾浜臨海公園南地区見学・昼食 リゾ鳴尾浜レストラン「ラ・コント」・午後 大谷記念美術館、北山緑化植物園 16:30三宮
    (写真:阪神甲子園球場(西宮市))
  • 写真

    芦屋市:「あしや美術館めぐり」

    (会期)5月21日(金)(一般募集)(行程)10:00三宮出発・午前 谷崎潤一郎記念館、市立美術博物館・昼食 芦屋公園にて弁当、芦屋河畔敷を散歩・午後 俵美術館、滴翠(てきすい)美術館、エンバ中国近代美術館 17:00三宮
    (写真:街の中心を流れる芦屋川)
  • 写真

    吉川町:「しいたけと美吉かご体験ツアー」

    (会期)4月11日(日)(親子募集)(行程)10:00三宮出発・午前 吉川町総合中央活動センターふるさと館よかわでしいたけ菌植込み・昼食 弁当・午後 吉川町総合中央活動センターふるさと館よかわの見学及びしいたけ菌植込み・昼食 弁当・午後 吉川町総合中央活動センターふるさと館よかわで美吉かごづくり 16:00三宮
    (写真:吉川総合中央活動センタ一)
  • 写真

    三木市:「小刀の製作と竹トンボづくり体験ツアー

    (会期)8月1日(日)(親子募集)(行程)9:00三宮出発・午前 上の丸公園一金物資料館、金物神社(1)古式鍛練実演(小刀鍛造)見学(2)小刀鍛造、文化会館一三木合戦軍図絵解き見学・昼食 サンライフ三木で弁当・午後 竹トンボづくり 16:00三宮
    (写真:三木市の閑静な町並み)
  • 写真

    稲美町:「稲美町ふるさと体験ツアー」

    (会期)5月23日(日)(親子募集)(行程)9:30三宮出発・午前 北山地区内水田―田植え体験・昼食 北山地区内水田で弁当(茶がゆ試食会あり)。・午後 竹製水鉄砲作り16:00三宮
    (写真:自然美あふれる稲美町)
  • 写真

    明石市:「明石"魚の棚"グルメショッピング」

    (会期)5月23日(日)(一般募集)(行程)9:00三宮出発・午前 天文科学館(プラネタリウム含む)、柿本神社・月照寺・亀の水・昼食 明石公園で弁当・午後 文化博物館(アニメ放映予定)、魚の棚商店街(魚の棚説明・グルメショッピングほか) 16:10三宮
    (写真:風光明媚な交通の要所・明石市)

第14回全日本マスターズ陸上競技選手権大会

 中高年齢者およびアマチュア陸上競技の普及と振興を図るため、"生涯スポーツの祭典"といわれる同選手権大会を開催。マスターズの競技種目は各年代層の人々が存分に力を発揮できるよう、それぞれの競技は男子30歳、女子25歳からはじまり、5歳間隔ごとに区別している。
 市民がいつまでも心身の健全な保持・増進に努め、生きがいを感じることができる人生を送ることは、アーバンリゾート都市のあるべき姿の基本でもある。
(会期)5月28日(金)〜30日(日)(会場)ユニバー記念競技場ほか(対象者)平成5年度日本マスターズ陸上競技連合登録者で男子35歳以上、女子30歳以上(セミマスターズは男子30〜34歳、女子25〜29歳)の人(入場料)無料(問合せ)(財)神戸市体育協会 078-261-3620

ディスカバーKOBE 健康ウォーク

 各保健所では、市民の健康づくりを進めていくため、地域の特色を生かしたコースを設定し、フェアの期間中、健康ウォーキングイベントを保健所ごとに順次実施。また、全市のウォーキングロードマップを作成、各保健所で配布している。
問合せは、衛生局保健課 078-322-5256

エクササイズ・ウォーキングの正しいフォーム

 エクササイズ・ウォ−キングとは、簡単に言えば"速足歩き"。無理のない最高の歩幅で、できるだけ速く歩くことで歩きの効用をスポーツにまで高めたもの。

  • イラスト
  • 写真ウォーキングロードマップ

北区縦走ハイキング

 北区の代表的山系である丹生・帝釈山系のうちの比較的平たんな約17kmを歩き、自然の大切さを知ってもらうとともに、参加者と地元の人々とのふれあい、市民レクリエーションの普及を図る。
 ハイキングのほか、地元自治会・婦人会による豚汁などのサービスや地元特産品の即売会、各種アトラクションも実施。
(会期)6月6日(日)(コース)柏尾谷リバーパーク(北区山田町)〜黒甲越〜有野小学校(北区藤原台)(間合せ)北区役所地域福祉課 078-593-1111

神戸ゴルフ倶楽部 創設90周年記念大会

 日本のゴルフ発祥の地・六甲山の「神戸ゴルフ倶楽部」創設90周年を記念するゴルフ大会。ゴルフが日本に伝わった当時のゴルフボールの再現や、衣装・用具などを紹介。記念テレビ番組も予定。市民および神戸にかかわりのある外国人、各界著名人など約140人が参加する。
(会期)5月24日(月)・25日(火)(会場)神戸ゴルフ倶楽部(問合せ)神戸アーバンリゾートフェア事務局 078-322-5998

国際車いすテニストーナメント in KOBE

 テニスを通して身体障害者と健常者の交流を深め、障害者の社会参加を促す。障害者と健常者がペアを組むニューミックス競技など。
(会期)4月22(木)〜25日(日)(会場)しあわせの村テニスコート他(問合せ)大会事務局大原宅 078-927-6869

神戸港カッターレース

 フェアおよび神戸まつり行事の一環として実施・種目は男子一般、女子、男子特別、アーバン特別の各レース。
(会期)5月9日(日)(会場)メリケンパーク東側
(問合せ)神戸港振興協会 078-391-6751

  • 写真丹生・帝釈山系の縦走ハイキング
  • 写真神戸港内でのカッターレース

優れた建物を見て神戸再発見
アーキテクチュア・フェアKOBE
「神戸建築探訪〜アーキラリー」

 アーキラリーは「アーキテクチュア:建築」と「ラリー:巡回」をつないだ造語。市内にあるすぐれた建物を見て回ることによって、神戸のまちや建築の歴史をふり返り、今後のまちづくりについて考えてもらう。クイズやスタンプテーリングを組み込んだゲーム感覚の"ウォークラリー"と、貸切りバスで見学する"バスラリー"があり、建物の解説が聞け、通常は入れない建物に入れたりする特典もある。
(ウォーク・ラリー)・王子・熊内周辺コース(4月3日出)・山田の里コース(4月18日(日))・御影・住吉周辺コース(5月5日(祝)・六甲山上コース(5月22日(土)・兵庫の津の道コース(6月6日(日))・離宮・須磨寺周辺コース(6月20日(日))※無料(一部施設入場料必要)。
(バス・ラリー)・歴史的超高層建築物(4月8(木)・10日(土))・人と自然の共生コース(4月21(水)・24日(土))・神戸で活躍する建築家コース(5月16(日)・19日(水)・すまいの歴史と現代コース(5月26(水)・29日(土)(問合せ)ア一キテクチュア・フェアKOBE事務局078-334-0100

アーキテクチュア・フェアKOBE
「創造博物館―まちと建築の未来展―」

 旧居留地の近くに大正時代に建てられた「神戸郵船ビル」(中央区海岸通)をフェア期間中、博物館に改装し、約2週間ごとに内容を変えながら建物に関する展示をする。
 (1)オープニング展「建築散歩in KOBE―教えて/建築ヒストリ一」(4月2日(金)〜5月9日(日)神戸の洋風建築の始まりや建築家を紹介し、神戸建築のルーツを探る。市内の代表的な「神戸建築百選」の写真も展示(2)「ライフデザイン展」(5月14日(金)〜23日(日))(3)「開発とまちづくり展」(5月28日(金)〜6月6日(日))(4)「電気とガスで創るあすのまちとくらし」(6月11日(金)〜15日(火)(5)「神戸の将来像 イメージ提案コンクール作品展」(6月19日(土)〜27日(日)(問合せ先)アーキテクチュア・フェアKOBE事務局078-334-0100

サンド イン シティ オブ KOBE

 新しい海上文化都市・六甲アイランドの空間に、砂の巨人なオブジェ群を作り、その制作過程を公開し、完成した砂像を展示するイベント。砂像は神戸の文化、歴史、国際性などを表現した13体を市民の参加によって制作する。
(会期)制作期間/4月15日(木)〜30日(金)、公開期間4月26日(月)〜5月5日(祝)(会場)六甲アイランド・サンバーン広場(問合せ)神戸新交通(株)078-303-3300

  • 写真神戸郵船ビルの玄関
  • 写真ア一キラリー(布引ハープ園で)
  • 写真砂のオブジェ
  • 写真旧居留地に残る唯一の明治の洋風建築(15番商館、重要文化財)。このほど保存修理工事が完了。潟mザワは、後方のガラス張り新本社ビル建設後も、この建物も歴史的遺産として残した

タイムリーなフェア情報をとどける
「FMてんとん」

 フェアの期間中、市内全域を対象にフェア情報を発信する「アーバンリゾートフェアエフエム放送局」の愛称と、市民ディスクジョッキーが決まりました。どちらも一般公募していたもので、愛称の最優秀作は竹下美穂子さん(灘区大和町)の「FMてんとん」。またディスクジョッキーは、応募者517名の中から14名(男性3名、女性11名)が決まり、4月1日(木)から2人1組で、フェア情報や音楽紹介、二ユース、交通情報などを流します。
 同放送局では、音楽はどの世代にもなじみ深いものを中心に、1950年代から70年代後半のヒット曲にしぼって選ぶことにしています。
 問合せ 神戸アーバンリゾートフェア事務局 078-322-5998

写真

ぐーんと割安ですよ
神戸街遊券(アーバンリゾート・クーポン)

 フェア期間中、市民や来訪者が市内の都市施設を便利に利用できる「神戸街遊券」ができました。この一冊で神戸の美術館などの施設やフェア会場へ割安で入場できます。
 内容は、須磨海浜水族園・フルーツフラワーパークなど市関係施設16か所の入場券と、県・隣接市町や民間の美術館など61施設の割引券、39か所の無料施設をガイドした冊子。B6判。販売価格は大人2000円、小・中学生1000円(65歳以上1000円、障害者500円、小・中学生の障害者300円)。フェアのインフォメーションセンター(そごう西側)、観光案内所などで3月16日(火)から発売。

向こう一週間の情報を伝えます
イベント情報「テレホンサービス」

 向こう一週間の演劇・美術などの文化情報からスポーツまでフェアのイベント情報が電話で聞けるテレホンサービスが3月27日(土)からスタートします。プッシュ式、ダイヤル式電話とも利用でき、またFAXでイベント情報を出力することもできます。
 サービス期間は3月27日(土)〜9月30日(木)、サービス時間は毎日午前6時〜午後11時。電話番号は「078-360-0200」で、操作は簡単です。
 また、3月1日から、「あじさいネット(神戸市地域サービス情報システム)」の中にも"アーバンリゾートフェア"のメニューを加え、キャプテン端末やパソコン通信でも最新のイベント情報を提供しています。

写真

交通機関 乗り放題
「アーバンリゾートパス」

 フェアの開催にあわせて、神戸市内の全鉄道、新交通および市バス(普通区)が乗り放題のアーバンリゾートパス(一日乗車券)が発行されます。通用日は、フェア期間中の土・日・祝日、春休み(4/1〜4/7)、ゴールデンウィーク(4/29〜5/5)、夏休み(7/21〜8/31)の計94日で、料金は大人1200円・小児600円。
 販売場所は、主要駅(定期券発売所、売店、みどりの窓口)、フェアのインフォメーションセンター及び神戸市観光案内所。3月15日より4月分を、5月分以降は前月の1日より前売りを開始します。
ページトップへ