220号表紙

No.220(平成3年2月)

特集:

神戸・湯けむり散策

タイトルタイトル

神戸・湯けむり散策

有馬温泉の金泉。金泉は鉄さび色の赤い湯。噴き出した時は無色透明なのが空気に触れると酸化して赤くなってしまう。有馬温泉には、鉄分と強い塩分を含んだ金泉と、多量のラジウムを含んだ透明の銀泉(炭酸泉)があり、二つの湯の相乗効果で肌のリフレッシュはもちろん、胃腸病、婦人病、神経痛などに効くといわれている(兵衛向陽閣提供)

太閤ゆかりの金泉からノーマライゼーションをめざすしあわせの村まで
放送作家 三条杜夫

三条杜夫(さんじょうもりお)氏紹介
同志社大学卒業。東宝映画監督内川清一郎氏に師事。フリーライターを経て、各種番組の構成・演出を手がける。自らもタレントとして、現在、ラジオ関西のニュースバラエティ番組にリポーターとして出演中。また、こうベケーブルビジョンでは89年、90年連続、全国CATV番組コンクールにおいて、優秀賞を受賞。

  • 天王温泉の浴場。朝ぶろの利用者も多い
  • 新湊川上流の天王川をはさんで建つ天王温泉(手前橋の右側)と、湊山温泉(写真奥、橋の左側)。手前の橋の手すりは朱色に塗られ「おんせんばし」と呼ばれている。泉質は含炭酸重そう泉で、神経衰弱、創傷、火傷、慢性皮膚病などに効くといわれている
  • 現在の湊山温泉(兵庫区湊山町)
  • JR三ノ宮駅から東へ徒歩約5分の都心にある琴ノ緒温泉(中央区琴緒町)電話番号 241-2710。「美容と健康にミネラル湯浴泉」をうたっている
  • 烏原貯水池。池の周囲に周遊路が整備されているが、3月中旬まで工事のため通行止めになっている
  • 禅寺の道場で有名な祥福寺。寺は山際の景勝地を占め、二重塔が緑の山腹に景観美を添えている
  • 奥平野浄水場(兵庫区楠谷町)にある「水の科学博物館」。水道のしくみや歴史、水の性質などを分かりやすく展示している。春には、周辺の桜が美しい
  • 有馬街道の東側にある祇園神社。毎年七月十三日から二十日まで行われる祇園まつりは盛んで、虫売り、回り灯ろう、風鈴屋などの出店が並び、夜の参詣客で混雑する
  • 湊山小学校の校庭にある「雪見御所旧跡」の碑。雪の御所は昔、平清盛の別荘のあったところで、清盛はここに滞在中、承安3年(1173)、大輪田の泊を修築して対宋貿易を行ったほか、治承4年(1180)には、約半年の間であったが400年も続いた京の都をこの地(福原)へ遷した
  • 有馬温泉のほぼ中心にある天神泉源。地下から98度の温泉が噴き出している。有馬にはこんな泉源が数10か所あり、各泉源から旅館や保養所に温泉が送られている
  • 季節の移ろいが肌で感じられる有馬温泉の露天風呂(龍泉閣提供)
  • 有馬温泉
  • 最近整備された御所泉源
  • 「ねがいの庭」の僧行基像。温泉中興の恩人である行基菩薩は神亀元年(724)、六甲越えでこの地に来て衰えていた温泉を復興し、温泉寺などの寺院を建てた
  • 僧行基が建てたと伝えられる温泉寺。寺に祭られている行基菩薩と、同じく中興の恩人である仁西上人の両像は、正月二日の入初(いりぞめ)式に御輿に乗せて若者が町中を練り歩くので有名
  • 有馬の炭酸泉源。昔からここに水だまりがあって泉水に触れると昆虫などが死んだため、土地の人は毒水と呼んで近寄らなかった。明治8年(1875)、この水を分析したところ飲料としても優れていることが判明。有馬の湯客も賞味するようになったという
  • 歴史を感じさせる湯泉神社の急な石段。この神社には有馬温泉開祖の大国主命が祭られている
  • 近代的な旅館が建ち並ぶ有馬温泉は、町の細い小道に入ると古い家並みや、坂道のあちこちに旧跡や石仏が点在し、古い面影をしのばせてくれる
  • 鼓ケ滝。カエデなどが多く四季を通じて景観美に富んでいる
  • 銀泉(手前)と金泉(奥)が並ぶ岩風呂温泉(古泉閣)
  • 四季折々の風情を見せる五社寮の外観。春の桜・つつじ、秋の紅葉が美しい。兵庫県市町村職員共済組合の保養所だが、一般の人も利用できる。北区有野町有野。神戸電鉄五社駅下車駅前
  • 鹿の子温泉旅館の玄関。昔この地の霊泉で鹿の子が傷を治したという言い伝えにちなんで、はく製の鹿が客を迎える
  • 五社寮の浴場。有馬温泉の地層をそのままに含む重曹食塩泉で神経痛、リウマチ、肩腰のこりなどに効くという
  • 五社温泉の泉源。冬いくら雪が降っても、泉源の熱で周囲に雪は積もらないという
  • しっとりとした情趣を漂わす鹿の子温泉旅館の入り口。明治三十八年(一九〇五)の創設で、現在もこの一軒だけが営業を続けている。北区長尾町宅原
  • 家族風呂といった感じの小浴場。温泉の泉質は強いアルカリ性で硫化カルシウム、炭酸ナトリウム、硫黄などを含有しており、肌ざわりが滑らかで皮膚病によく効くそうだ
  • 鹿の子温泉の近くにある一之宮神社の参道
  • 大浴場にある鹿の蛇口
  • 五社寮の横を流れる有野川
  • ■鹿の子温泉
長尾の鹿の子(かのこ)温泉

 北区長尾町に昔からこんな言い伝えがある。
 近くの山に母子の鹿が住んでいた。ある日、いつものように母子が山で仲良く遊んでいると、一頭の大きなクマが草むらから飛び出して子鹿の足にかみついた。続いて、子鹿を助けようとした母鹿の胸をがぶりとかんだ時、近くで狩人の撃った鉄砲の音がしたのでクマは逃げていった。 血にそまりながら、母鹿は子鹿をくわえてよろよろと山を下り谷あいにわく清水のそばへやってきた。そして「この水に足を何度もつけて治すんだよ」と言い残し、息をひきとってしまった。
 母親のそばでしくしく泣いている子鹿を見た村人は、かわいそうに思って清水のそばに母鹿の墓をつくってやった。それから何日か子鹿は墓により添いながら清水に足をつけていたが、ケガが治ったのだろう、やがてどこかへ立ち去った。
 村人がこの清水をくんで使ってみると、ケガや病気によく効く。そこでこの谷を鹿の子谷と名付けた。清水は今も温泉として残っている。

  • ラジウム温泉太山寺と保養センター太山寺の外観。後ろの山は太山寺の原生林(西区伊川谷町前開)
  • ラジウム温泉浴室。浴用の適応症は神経痛、痛風、高血圧など
  • 太山寺の三重塔。緑の中に建つ朱色の塔が美しい。温泉から寺まではゆっくり歩いて十分足らず
  • 温泉の道をはさんですぐ西側にある太山寺スポーツガーデン。テニスのあとに温泉気分が楽しめる
  • 太山寺本堂(国宝)
  • 性海寺(押部谷町高和)。毎年1月15日に行われる追儺(ついな)式は古式を伝えていて有名
  • ■ラジウム温泉太山寺
  • 押部谷町全体の氏神である住吉神社。東側を明石川がゆったりと流れている
  • 神戸の観光地として定着した農業公園(ワイン城)。 広大なぶどう畑とともに新しい農村風物詩となっている(押部谷町高和)
  • 天然硫黄温泉を使った神戸健康温泉センターの浴場。気泡風呂、流水プール、寝風呂などがある。適応症は神経痛、筋肉痛、慢性消化器病など
  • 近江寺(押部谷町近江)。急な石段を登ったところに本堂がある。現在の堂などは寛文2年(1662)に建てられたもので古めかしい
  • ■神戸健康温泉センター
  • 寿楼(須磨区須磨寺町)の四階にある"空中大温泉"。すぐ西側の須磨寺はもちろん、須磨の海もよく見える
  • 須磨寺の三重塔。昭和59年の建立で朱色もまだ美しい
  • 須磨寺桜樹院境内にある正岡子規の句碑「暁や白帆過ぎ行く蚊帳の外」。子規が須磨で療養中に作った句である
  • 須磨の大池に映える二つの旅館。右がホテル延命、左が寿楼。周辺には須磨寺など桜の名所があり、花見時は人出でにぎわう
  • 窓の外に大池が見えるホテル延命の大浴場。隣の寿楼とともに両旅館にわく温泉は古くから須磨温泉と呼ばれ、泉質はラジウムと硫黄がミックスしたラドン泉
  • 寿楼の空中大温泉
  • ■ホテル延命 ■寿楼
  • 緑の芝生と噴水の景観が美しい須磨離宮公園。須磨温泉から徒歩約五分
  • イルカライブ館のダイナミックなイルカのショー。大人にも子供にも人気がある
  • 須磨海浜水族園のユニークな三角屋根の入り口
  • 離宮道の中ほどの東側にある松風村雨堂。仁和二年(八八六)、須磨に配流された在原行平と松風・村雨姉妹の悲恋物語にちなんだ堂で、付近には松風町、村雨町などの町名が付けられている
  • しあわせの村にわき出る温泉を利用した村内のジャングル温泉(バーデハウス)の寝湯。泉質はラドン、フッ素などを含む。適応症は神経痛、筋肉痛、動脈硬化症など
  • 圧注湯
  • 広々とした芝生広場で遊ぶ子供たち
  • 神戸リハビリテーション病院と病院内の浴室。村にわき出る温泉を利用している
  • しあわせの村の宿泊者や訪れた市民の交流の場となっている日本庭園。後ろの建物は本館・宿泊館(総合センター)。左にジャングル温泉などのある温泉健康センターが見える
  • 歩きながら霧状の温泉を浴びるドイツ式の枝条浴
しあわせの村ジャングル温泉の大浴槽。広い温泉内は生い茂る南国の樹木、ガラス張の天井など自然がたっぷり。いろいろな"温泉めぐり"が楽しめる
しあわせの村への交通機関
しあわせの村 電話番号 743-8181
●三宮から市バス66系統(しあわせの村行)…約35分
●JR神戸駅から市バス65系統(しあわせの村行)…約40分
●地下鉄名谷駅から市バス120系統(しあわせの村行)…約30分
●神鉄西鈴蘭台駅から神鉄バス「しあわせの村病院前行」…約11分
●三宮から山麓バイパス・西神戸有料道路経由…約25分
●名谷から西神戸有料道路経由…約10分
ページトップへ