207号表紙

No.207(平成2年1月)

特集:

神戸列車物語(上)

神戸列車物語(上)

表紙写真・今年4月の「国際花と緑の博覧会」(大阪)への出展に備え、JR西日本鷹取工場で走行テスト中の蒸気機関車「義経号」。義経号は明治時代に活躍したSLで昭和27年(1952)、国鉄80周年記念事業として鷹取工場で復元され、全国各地のイベントで活躍したが、その後ボイラーがさびつき自力で動けなくなっていたのを同工場で今回再度、復元改造し、重油で走るようになった。花の万博会場では、600mの線路を敷き、義経号に客車3両(定員144人)を連結して運転する計画。


白く輝く富士山と、小田急電鉄の一〇〇〇〇系(HiSE車)。客室からはワイドなパノラマを楽しむことができる。
昭和62年デビュー、63年ブルーリボン賞受賞(川崎重工業兵庫工場製)

ページトップへ