131号表紙

No.131(昭和58年8月)

特集:

85ユニバシアード神戸大会まであと2年

陸上競枝場のバックスタンド上空から西方を望む。市営地下鉄西神延伸線の建設工事が着々と進められている

2年後に向けて、さぁ本腰!

 エドモントン(カナダ)で開かれた学生オリンピック、ユニバーシアード大会が終わり、二年後の次期開催地である神戸市ではいよいよ本格的な大会準備が始まった。メイン会場になる神戸総合運動公園(垂水区)など競技施設の整備は急ピッチ。百力国の参加をめざして各国への働きかけも活発に進められている。
 ユニバーシアード神戸大会は、札幌オリンピック以来、久々のわが国でのスポーツ・ビッグイベントで、また神戸大会の翌年がソウル・アジア大会、そしてその二年後がソウル・オリンピックと、アジア地区における国際スポーツ大会の幕明けとして重要な大会となる。大会の運営費は総額七十五億円、陸上競技場の建設など開催にともなう関連公共事業は総額二千三百五十億円にのぼる。文字どおり国、経済界、地元が一体となって繰り広げられるスポーツの祭典である。
 神戸市は、この大会に五つの原則を掲げている。国際交流の推進、スポーツを通した青少年の健全育成、市民スポーツの発展、大会運営の強力かつ簡素化、交通など関連公共施設の整備−。大会で使用する神戸総合運動公園の陸上競技場やテニスコート、ポートアイランドスポーツセンター体育館などは、大会後はそっくり市民スポーツの財産として残ることになる。
 大会は六十年八月二十四日から九月四日までの十二日間。選手・役員約五千人、国内外の報道関係者約千人が神戸を訪れる予定で、観客は現在のところ八十万人になるものとみられている。
  • 写真陸上競技場のメインスタンドでは、コンクリートを流し込む前の鉄筋と型枠の組立て工事が進められている。地上20mあたりでの作業だ
  • 写真バックスタンドの一部ではすでにコンクリートが打ち上がっており、いまモルタル塗りの仕上げ作業がされている
  • 写真陸上競技場のマラソンゲート。メインスタンド側に2か所ある
  • 写真陸上競技場のスタンドの下には幅1.5m〜3.0mのダッグアウトがある。これがフィールドの周囲全体にあり競技運営中、選手や関係者がフィールド面を歩かなくてもいいようになっている
  • 写真土煙りを上げて走るトラック
  • 写真すでに荒造成ができているセンターコート。16面あるテニスコートのメインコートで、5千人の観客が収容できる
  • 写真新幹線をまたいで西へ伸びる市営地下鉄西神延伸線
  • 写真神戸総合運動公園上空から須磨ニュータウンを望む。名谷駅から西へ伸びる市営地下鉄西神延伸線が公園を横切っている
  • 写真総合運動公園の"憩いの場"の展望台。総合運動公園の中で一番高い所にあり、瀬戸内海・淡路島まで見渡せる
  • 写真展望台下のテラス。四季折々の花木が植樹されている
  • 写真ダイナミックな地下鉄工事現場。鉄筋を組み、コンクリートが打ち終ると再び土をかぶる(神戸総合運動公園駅付近)
  • 写真炎天下の地下鉄工事。鉄筋の幾何学模様が美しい(神戸総合運動公園駅付近)
  • 写真上空からみた選手村予定地。市営地下鉄西神延伸線学園都市駅の予定地も見える(写真上部左手)
  • 写真ユニバーシアード神戸大会の海外向けポスター。日本的な歌舞伎役者のクマ取りの顔をアップでとらえ、正面をキッとにらみつける鋭い目が若者の強い意志、走る姿が躍動感を表現している
  • 写真わが国初の屋内陸上競技場を備えたワールド記念ホール(ポートアイランドスポーツセンター体育館)完成予想図
  • 写真ワールド記念ホールの建設工事
  • 写真中央球技場
  • 写真ポートアイランドスポーツセンタープール(屋内)
  • 写真王子陸上競技場
  • 写真王子体育館
  • 写真進む交通網の整備(山麓バイパス)
  • 写真中央体育館(屋内)
写真
'85ユニバーシアード神戸大会競技会場図
  競技会場 収容人員 競技名
1神戸市外国語大学体育館2,000バスケットボール
2神戸総合運動公園テニスコート5,000テニス
3神戸総合運動公国陸上競技場60,000開・閉会式、陸上競技、サッカー
4(市)神戸工業高校体育館500バスケットボール
5西代多目的ホール(仮称) 3,000バレーボール、柔道
6中央球技場22,000サッカー
7川崎重工体育館2,000バレーボール
8中央体育館3,000バスケットボール
9ポートアイランド スポーツセンタープール3,000競泳、飛込、水球
10ワールド記念ホール(ポートアイランドスポーツセンター体育館)5,000体操競技、バレーボール
11国際展示場2,000フェンシング
12葺合高校体青館500バレーボール
13王子陸上競技場35,000サッカー
14王子体育館2,000バスケットボール
15王子プール2,000水球
16神戸製鋼体育館2,000バレーボール
17神戸高校体育館1,000バレーボール
18松蔭女子学院大学体育館1,000バスケットボール
19甲南大学体育館1,000バレーボール

予想以上に高い神戸大会への関心

 ユニバーシアード神戸大会への関心は予想以上に高く、とくに神戸市内では、大会を知っている割合は78%、二のうち49・2%が「見に行く」と答えているー。これは、'85ユニバーシアード神戸大会組織委員会がこのほど実施した第一回の大会関心度アンケート調査の結果わかったもので、これによると、全体の半数近くが大会開催を知っており、四割の人が「見に行く」「見に行ってもいい」と答えるなど、二年前の調査としては予想以上に高い関心度となっている。
 この調査は、六月から七月にかけ神戸・三宮、大阪・梅田、京都、姫路のターミナルで実施したもので、地域別では、大会を知っている割合は神戸が最も高く78%、次いで大阪50・9%、姫路43・4%、京都32・1%の順。また競技を見るかどうかについては、神戸が49・2%、姫路43・7%、大阪41・1%、京都28%が「見に行く」と答えていた。
 同組織委員会では「今後は東京方面での調査を考えるなど、PRにさらに力を入れたい」と話している。

  • 写真ユニバーシアード神戸大会まで「あと○○○日」の表示をした残日計(三宮で)
  • 写真ユニバーシアード神戸大会のシンボルマークに衣替えした「花時計」(市役所北側)
  • 写真

    ターミナルでのアンケート調査(三宮・さんちかタウンで)

    写真異人館ガールもユニバーシアードのTシャツ姿でPRに一役
  • 写真観光客などでにぎわうTシャツや帽子売り場(新神戸駅で)

'83 UNIVERSIADE
エドモントン大会に参加して

写真
ポートピアからユニバーシアードへ。コンベンション都市をめざしてビル建設ラッシュのポートアイランド。ワールド記念ホール(ポートアイランドスポーツセンター体育館)=写真中央手前=の建設も着々と進んでいる。
ページトップへ