110号表紙

No.110(昭和56年11月)

特集:

神戸活動写真史

神戸から始まった日本の映画史

明治29年に神港倶楽部で初公開

 活動写真が日本で初めて公開されたのは明治29年で、この年の11月25日から5日間にわたり、神戸の神港倶楽部でエジソンの発明したキネトスコープが輸入上映された。現在、毎年12月1日が「映画の日」に制定されているが、これはその時の公開を記念して設けられたものである。
 神港倶楽部は、今の花隈城跡公園(中央区花隈町)の駐車場の北角にあった。明治24年に神戸の有力者によって建てられた倶楽部で、売り出しとか催しなどもやっていた。当時の新聞記事によると、この時は、今のようにフィルムをスクリーンに映して鑑賞するのではなく、一人ひとりが箱の上からメガネを通してのぞき見る仕掛けの、のぞき眼鏡式活動写真で、フィルムもタスキと名付けられ一連の輪になっていた。だから、同じ場面が何回もグルグルと出て来る非常に幼稚なものだったが、とにかく写真が動くということが当時としては大変めずらしかったようである。
 11月25日から5日間の上映で学校の教員、生徒(高等生)は午前9時から正午まで、一般は正午からと時間を決めていたが、あまり人気がよかったため12月1日まで日延べをしたという新聞記事が残っている。その時のプログラムは、

 11月25日 西洋人スペンサー銃を以て射撃の図
 11月26日 西洋人縄使用、使いわけの図
 11月27日 西洋人旅館にてトランプ遊興の図
 11月28日 京都祇園新地芸妓三人晒布舞の図
 11月29日 悪徒死刑の図

となっている。

連日押すな押すなの大盛況

 ところでこの活動写真をいち早く手に入れ、これを公開した高橋信治は、国鉄神戸駅近くの相生町三丁目で明治初年から大小銃砲、鉱山用火薬や時計などを販売しており、ハイカラ好みの太っ腹な人で、当時すでに西洋パイプを手に山高帽、一時は鼻下に明治流行のドジョウヒゲを蓄え、初代神戸市長鳴滝幸恭、二代目市長坪野平太郎ら県下名士との付き合いも広かった。
 こののぞき眼鏡式活動写真から現在のようにスクリーンに映写する活動写真が登場したのは、それから約4ヵ月後のことで神戸では明治30年4月、相生町にあった時代の相生座で初公開され、続いて同年6月、楠公前の大黒座で興行された。入場料は上等60銭、並等30銭。米の値段が一升5、6銭の時代だから相当高額であったわけである。それでも一人ひとりのぞき込みではなく、たくさんの人が一緒に見られるとあって連日押すな押すなの大盛況であった。

神戸人のハイカラさと進取の気性

 ところで、この活動写真を撮影する機械を日本へ初輸入したのが、これまた神戸人で、北長狭通5丁目に邸宅を構えていた光村利藻(としも)である。神戸と映画の関係の深さがわかるとともに、ここにも神戸人のハイカラ好みというか、進取の気性をみることができる。
 利藻の父は明治初年、開港まもない神戸に来て財をなし、後年有名な光村印刷をつくった人である。この長男に生まれた利藻はいい意味での道楽好きで、明治24年には居留地のトムソン商会から高級カメラを買い入れ、好きな美人や市内のあちこちを写し回っていた。

新開地進出第1号は相生座

 旧湊川の川筋の付替え工事の完成したのが明治34年11月。あとの川敷がやがて新開地となり、神戸第一の娯楽の殿堂として次第に栄えることになる。  明治40年以前には湊川神社の西門筋には、西の突きあたりに福原遊廓がひかえていたせいもあって、浪花節、娘義太夫、娘手踊、落語、ニワカなどの見世物が軒を並べてにぎわっていたが、新開地は土地が広く兵庫にも近かったので、楠公さん付近の繁栄はたちまち新開地に奪われることになった。
 まず相生町にあった相生座が明治39年12月に新開地に移ってから、これにならうものが続出し、明治42年3月には活動写真館として電気館と日本館が建てられ、以後、大正初年にかけて帝国館、栄館、錦座、朝日館などが次々と誕生。そして大正2年9月には、東京の帝国劇場を手本にした聚楽館が華やかにお目見えし、主として東京の俳優を招いて楠公前の日本劇場(かつての大黒座。のち八千代座とかわる)の関西系に対抗していた。

活弁の名調子に老いも若きも陶酔

 大正8、9年ごろになると新派悲劇が現代劇に、旧劇が時代劇と呼び名が変り、それまでスクリーンの袖で数人の弁士が役々を受け持って声いろを使ってセリフのやりとりをしていたのが一人で説明をするようになってから、いわゆる活弁の名声は大いにあがった。それからトーキーが登場する昭和6年までの活弁の人気は大したもので、映画そのもののストーリーはつまらなくても、活弁がおもしろいので客が集まるということもあり、活弁の文句や、ときにオドケタ言葉が流行語となって青年男女の間ではんらんした。
 「東山三十六峰しずかに眠る丑満どき、夜のシジマを破って突如おこる剣撃のヒビキ」、「花のパリーかロンドンか月が啼いたかホトトギス」、「千村万洛、春たけて紫紺の空に星は乱れ、緑の地には花ふぶき、おお春やはる春南方のローマンス」、意味はよくわからなくても、甘美な声で歌うような七五調の名調子を聞かされると、老いも若きも陶然たるフンイキにひたったものである。

戦前までは神戸第一の盛り場

 大正6年、新開地の上手に松竹系の中央劇場(のち改名して松竹劇場)ができ、さらに昭和4年、別に映画館として松竹座が建てられた。やがて卜ーキーが生まれると映画界は一段と盛況さを増し、新開地も、浪花節の専門館や色物など2、3を除くとほとんど映画館に占められてにぎわい、戦前までは神戸第一の盛り場としてその名を誇った。

資料・写真提供(順不同、敬称略) 荒尾親成、林喜芳、三船清、田中春次、田中信敏   参考図書「写真集神戸(明治・大正・昭和)」荒尾親成編、「神戸の史跡」神戸市教育委員会編、「わいらの新開地」林喜芳 著

明治末の新開地本通りのにぎわい。新開地で一番早くできた芝居小屋は相生座で、神戸駅前の相生町にあったのが火事で焼けたため、明治39年12月に移ってきた。そして新開地の誕生(明治40年)を待ちかねたように次々と活動小屋が立ち並んだ
ページトップへ