85号表紙

No.85(昭和54年10月)

特集:

有馬

有馬 紅葉を前にした山門のモミジ

有馬

紅葉を前にした山門のモミジ

 いまさら神代の昔にさかのぼって、有馬の歴史にふれることもないだろう。日本最古の名湯の一つである。町を歩くと、旧跡や、急な坂道のあちこちに石仏が点在し、古い面影をしのばせてくれる。その自然もすばらしい。
 しかし一方では、温泉には入ったことがあるが、有馬の町は歩いたことがない。有名なモミジの紅葉もご存知がないという人も意外といるようである。秋たけなわ。古さと新しさの入り混った有馬の風情を楽しんでみるのも一興かも知れない。


  • みやげもの店を物色する温泉客。温泉街のなまめかしさがほのかにただよう
  • ハイキング帰りの家族連れ
  • 有馬を流れる滝川。六甲の山合いから鼓ケ滝を経て流れる水は、ひんやりと美しい
  • バスを待つ外人の家族連れ
  • 夜のとばりとともに…
  • にぎやかな温泉街の通り
  • 鼓ケ滝の縁台で談笑する温泉客
  • 瑞宝寺跡公園のモミジの下で…

  • 有馬ヘルスセンターのショ一と観客
  • 山をおり、ひとフロ浴びてさっぱりしたハイカー
  • ロープウェイの見えるます池
  • 古い寺院の一つ、念仏寺の前栽

  • 歴史をしのばせる道ばたの石仏

  • 綿菓子を手に相撲見物に行く子どもたち
  • 300年以上の歴史をもつ湯泉神社の奉納相撲。
    降っても照っても毎年10月3日に行われる
  • 有馬絵図

ページトップへ