78号表紙

No.78(昭和54年3月)

特集:

彫刻のまち(上)

彫刻のまち(上)「灯の像」(材質・ブロンズ、制作者・新谷英子、設置場所・文化ホール前大倉山公園、設置年・昭和51年)女性にとって光というのは平和とか愛と同様、一種の象徴的な意味合いをもっている

彫刻のまち(上)

「灯の像」(材質・ブロンズ、制作者・新谷英子、設置場所・文化ホール前大倉山公園、設置年・昭和51年)女性にとって光というのは平和とか愛と同様、一種の象徴的な意味合いをもっている

まちかどに漂う文化の香り

  • 「ハト」(ブロンズ、柳原義達、東遊園地、昭和46年)
  • 「マリーナ」(ブロンズ、新谷e紀、東遊園地、昭和51年)
  • 「洋服発祥の地記念彫刻」(花崗石、小林陸一郎・増田正和・山口牧生、東遊園地、昭和49年)
  • 「光の塔」(ステンレス、コジモ・カルルッチ(イタリア)、東遊園地、昭和四十六年)
  • 「エーゲ海に捧ぐ」(ブロンズ、木内 克、東遊園地、昭和四十八年)
  • 「女神」(ブロンズ、圓鍔勝二、大倉山公園、昭和48年)
  • 「みどり」(ポリエステル、新谷秀雄、大倉山公園、昭和52年)
  • 「海風」(ブロンズ、和田真澄、大倉山公園、昭和48年)
  • 「みどり」(ポリエステル、菊川普久、文化ホール前大倉山公園、昭和49年)
  • 「湖風」(ブロンズ、一色邦彦、みどりと彫刻の道、昭和四十八年)
  • 「若い女」(ブ口ンズ、桜井祐一、みどりと彫刻の道、昭和四十八年)
  • 「追憶」(ブロンズ、新谷英子、みどりと彫刻の道、昭和五十三年)
  • 「子供」(ブロンズ、佐藤忠良、みどりと彫刻の道、昭和50年)
  • 「水とたわむれる子供達」(大理石、作者不明、大倉山公園、昭和48年)
  • 「スペースアイ」(アクリル、多田美波、中央体育館前、昭和47年)
  • 「色と光」(鉄・塩化ビニール、伊藤隆道、中央体育館前、昭和43年)
  • 「波状面上HIP」(ステンレス、今井由緒子、みどりと彫刻の道、昭和50年)
  • 「リンゴのハート」(黒花崗岩石、山口牧生、中央体育館前、昭和四十九年)
  • 「困っている道祖神」(花崗石、木村賢太郎、みどりと彫刻の道、昭和48年)

    「OVALOGY」(木・ポリエステル・鉄、松尾光伸、須磨離宮公園、昭和五十三年)
  • 「円と方形」(ステンレス、小田ユズル、みどりと彫刻の道、昭和48年)

    「わたしと私」(アルミニュウム、井上玲子、須磨離宮公園(落合中央公園に設置予定)、昭和53年)
  • 「落日のためのスケール」(黒御影石、山口牧生、須磨離宮公園(ポートアイランド北公園に設置予定)昭和五十三年)

    「太陽の船」(ステンレス、大西清澄、須磨離宮公園(商工貿易センタービル前に設置予定)、昭和五十三年)

    「ポセイドン」(ブロンズ、作者不明、須磨離宮公園、昭和45年)

ページトップへ