44号表紙

No.44(昭和51年1月)

特集:

神戸の民芸品

神戸の民芸品 ー郷土玩具ー
 "郷土玩具"が今、静かなブームらしい。消え行くものへの愛惜ということのほかに、一つ一つを丹念につくった手づくりの楽しさ。子どものしあわせを願う親心がにじむような暖かさ。そんな、素朴な中にひそむ日本人らしい細やかさが、しっとりとした安らぎを求める庶民の心に、ふと止まるのだろうか。
 開港によって栄えた国際都市神戸にも、こんな郷土玩具があるー。

取材協力
荒尾親成氏(元市立南蛮美術館長)・橋本武氏(灘高校教頭)・小池義人氏(須磨寺副住職)

楽しいカラクリ
神戸人形

  • 神戸人形の製作にはげむ数岡雅敦氏
  • 逃げたタコ
  • ビール飲み
  • 酒飲みと三味線ひきコンビ
  • 魚つり

七色の糸で織りなす
有馬の人形筆

  • 家族ぐるみで有馬筆の伝統を守る西田徳治氏宅

哀愁の歴史を秘めた
青葉の笛

  • 青葉の笛を吹く少女(須磨浦公園・敦盛塚で)

20年ぶりに復活

  • 幼児の成長を願う"雀の巣ごもり"
  • 「福運利生」のしるしとして授与される鶏

    子どものハレ物平癒を願って奉納された大日さんの牛
  • カラクリの楽しい剣術人形
  • 厄除けの鬼面
  • 懐しい音を出すポッペン
  • 愛きょうのある張子だるま

祈りを託した絵馬

  • 「開運の虎」
  • 祭礼玩具のダンジリ
  • イボとりのタコ(太山寺)
  • アザとりの"なまず"(妙法寺)
  • お正月を祝う「招福」(生田神社)

    幼児成長祈願(福海寺)
  • "赤エイ"の絵馬がずらりと並んだ楠宮稲荷
ページトップへ