30号表紙

No.30(昭和49年9月)

特集:

六甲山縦走

六甲全山縦走 高取山頂付近
 

六甲全山縦走

ひと口に六甲といっても、西は塩屋から宝塚まで56キロの長さにわたって山脈が続いている。この山稜線のひとつひとつを忠実に登り下りして、これを1曰のうちに踏破しようというのが六甲全山縦走コース。登山に最も適している早春か晩秋に歩いても、20歳代の元気な青年で15〜16時間、40歳ぐらいでは17〜18時間がほぼ標準とされている。最低3カ月か半年位い、事前に何度かの実地踏査を積み重ねてから踏破を試みる人が多い。

図 六甲全山縦走コース
写真
写真
  • 写真"神戸槍(ヤリ)"ともよばれる須磨アルプスの岩場。ひんやりした風が足をすくように吹き上げる
  • 写真栂尾山への上り。高倉台団地を背に、階段の長いこと!
  • 写真旗振山の下り。足の下で砂がなる
  • 写真高倉台団地の中。人工の山がピラミッドのようだ
  • 写真
  • 写真須磨アルプスの岩場。風化した花崗岩が今にもくずれそう
  • 写真萩の寺。高取山の上り口だ
  • 写真
  • 写真高取山の上り。つずら折の上り道が続く
  • 写真烏原貯水池の重々しい水門
  • 写真神鉄菊水山駅横。最初の難所"菊水山"へ
  • 図 菊水山から2.5K〜鍋蓋山から1.5K〜再度山大竜寺
  • 写真菊水山のとりつき口。ロープをつたう急坂にはじめての人はまずびっくり
  • 写真日かげひとつない菊水山頂。ヤレヤレとほとんどの人が横になってしまう
  • 写真菊水山から有馬街道、鍋蓋山を望む。自動車が行きかうあの下まで急降下しなければならない
  • 写真鍋蓋山の急な登り坂。第一の関門・菊水山をやっと越え、ひと息つくまもない
  • 図 再度山大竜寺から1.5K〜市ガ原から3K〜奥摩耶山上
  • 写真鍋蓋山から菊水山をふり返って
  • 写真市ガ原の井戸。冷たくてきれいな清水のご馳走で勇気百倍、いよいよ難関"天狗道"へ
  • 写真再度山大竜寺の参道。たくさんのほとけ様に見守られて……
  • 写真市ガ原の清流。このあと最大の難所・摩耶山天狗(てんぐ)道が待っている
  • 写真天狗道の急な岩場。疲れた体に一段とこたえる
  • 写真天狗道の中腹からきた道をふり返る。塩屋を出て28キロ、縦走コースのほぼ中間だ。市ガ原えん堤、菊水山、高取山、そして海を越えて淡路島がほとんど一直線に見える。
  • 写真岩場の急な上りと下り、だらだら坂ー 天狗道はそのくり返しだ
  • 図 奥摩耶山上から6K〜西六甲記念碑台から6K〜六甲山一軒茶屋
  • 写真奥摩耶山上まであとひと息の天狗道
  • 写真庭石のような天狗道の岩でホッとひと息
  • 写真奥摩耶山上。口一プウェーの誘惑をふりきって六甲山へ
  • 写真奥摩耶の"あじさい道"。市街地がー望にひらける
  • 写真六甲山サウスロードの石段。後方に見えるのは市立自然の家
図 六甲全山縦走コース
初秋の太平山(西宮市)。六甲連山を背に宝塚まであと八キロ>
ページトップへ